無断で財産を持ち出した妻から離婚を求められた事例

男性の依頼者から,

 

「妻が預金通帳,クレジットカード等の一式を持って家を出たあげく,預金の全てを無断で引き出した上で離婚調停を申し立ててきた。預金がなくなった上に相手方の弁護士から法外な婚姻費用まで請求され,支払いに追われて日々の生活にも困窮している。」

という旨の御依頼を受けました。

 

そこで,次の調停期日に先立ち,相手方に対して無断で引き出した金銭を直ちに返還するよう求めると共に,婚姻費用,財産分与等についても,別居までの経緯や通帳に残された金銭の流れ等を元に,適正な基準に基づいて調停を進めるよう求めました。

 

結果,御依頼の日から約1ヶ月の短期で金銭の返還を受けるとともに,婚姻費用,財産分与等についても適正な基準に基づき50%以上の減額を行ったうえで,依頼者の納得のいく内容での離婚調停を成立させることができました。

不貞行為をした夫から解決金800万円を得た事例

HPをご覧いただいた方(妻側)からの依頼です。

この依頼者(妻側)は,不貞行為をしている有責的な夫から離婚を求められました(いわゆる,有責配偶者からの離婚請求

依頼者(妻側)は当初,離婚に積極的ではなかったのですが,当事務所の弁護士が相手方(夫側)から有利な離婚条件を引き出したこともあり,離婚を決意されました

具体的な離婚条件は,解決金800万円です。
内訳としては,

①夫婦共有財産が約1200万円であったため財産分与額としてその半額600万円
②離婚慰謝料が200万円

で,合計800万円です。

相手方(夫側)は,不貞行為を否定していましたが,実質的に不貞行為を認めたのと同様であり,有利な条件で離婚することができました。

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop