養育費の不払い

 

養育費の不払い
 
離婚の際に,子どもの養育費についてきちんと取り決めた場合でも,養育費の支払いが滞ってしまうことは少なくありません。支払義務者の経済力が乏しいことや,支払いが長期に渡ることなどが原因となっているようです。
 
<養育費を回収する方法>
調停や判決などで決められた養育費の支払いが滞っている場合は,以下のような制度を利用することで支払いを確保することができます。
1) 履行勧告
2) 履行命令
3) 強制執行
 
1) 履行勧告
履行勧告とは,養育費の支払いを受ける側の申し出により,家庭裁判所が支払義務者の履行状況を調査した上で,養育費の支払いを勧告してくれる制度です。
法的な拘束力はありませんが,裁判所からの勧告なので,相手方に心理的なプレッシャーを与えることができます。
 
2) 履行命令
履行命令とは,支払義務者が養育費等の金銭給付を怠った場合に,養育費の支払いを受ける側の申し立てにより,家庭裁判所が支払期限を定めた上でその支払いを命じる制度です。
履行命令に従わない場合は,家庭裁判所から10万円以下の過料を課せられます。
 
3) 強制執行
強制執行とは,支払義務者の財産を差し押さえることで,強制的に養育費の支払いを受ける手続です。
相手方の不動産や給料や銀行預金口座を差し押さえることで強制的に支払いが行われるため,非常に強力かつ確実な制度です。
利用するには,調停調書等を添えて,地方裁判所に強制執行の申立てを行う必要があります。
強制執行の申立ては,手続が煩雑ですので,是非,当事務所にお任せ下さい。
 

pagetop