慰謝料請求の手続き

慰謝料の手続き


<慰謝料請求の時効>

慰謝料は,不法行為によって離婚をやむなくされたことによる精神的苦痛に対して支払われる損害賠償です。
損害賠償請求には時効期間が設けられており,慰謝料請求の場合,離婚成立から3年以内に請求しないと時効になります。
したがって,なるべく早く対処することが肝心です。
 
<具体的な慰謝料請求の手続>
慰謝料請求の手続としては,以下のものが考えられます。
1) 夫婦での話し合い
2) 調停申立てや訴訟提起
 
1) 夫婦での話し合い
慰謝料を請求したい場合,夫婦間の話し合いで金額や支払方法等を決定する方法があります。話し合いで慰謝料の金額や支払方法について合意ができた場合は,その合意を必ず離婚協議書や公正証書等に文書化するようにして下さい。
分割払いにすると,途中で支払われなくなる可能性があるため,一括払いにすることをお勧めします。
 
2) 調停申立て,訴訟提起
慰謝料の金額が折り合わない場合や,そもそも夫婦間での話し合いが不可能な場合には,家庭裁判所に調停を申し立てるか,地方裁判所に訴訟を提起します。
 
公正証書や,調停で和解が成立した場合に作成される調停調書,訴訟における判決は法的拘束力を伴うため,相手が決められた内容に従わなければ,強制執行手続をとることができます。
 

 

まずはお気軽にご相談ください!

contact.jpg
 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop