慰謝料とは

慰謝料とは,相手の浮気や暴力などによって「精神的苦痛」を受けたことに対する損害賠償金です。
では,どのような場合に,慰謝料請求は認められるのでしょうか。
 
慰謝料請求が認められるためには,相手方の行為が違法であることが前提となります。
したがって,精神的苦痛を感じていても,相手方の行為が違法とは言えない場合には,慰謝料請求は認められません
 
暴力や不貞行為(浮気や不倫)が違法行為の典型的な例です。
単なる性格の不一致や価値観の違いでは,違法行為とは言えないことが多く,慰謝料請求できない場合がほとんどです。
 

慰謝料が認められるケース

・不倫や浮気
・配偶者に対する暴力行為
 

慰謝料が認められないケース

・相手方に離婚の原因がない
・価値観の違いなど,離婚原因に違法性がない
 
 

慰謝料はどれくらい請求できるの?

精神的苦痛を客観的に算定するのは困難ですので,明確な基準はありませんが,以下の諸要素から総合的に判断して具体的金額が決定されます。
 
・離婚原因の違法性の程度
・精神的苦痛の程度
・相手方の社会的地位や支払能力
・請求者の経済力
・請求者の責任の有無や程度
 
 

まずはお気軽にご相談ください!

 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop