監護者とは

監護者とは,財産管理権と身上監護権から構成される親権のうち,身上監護権を有する者と定義されています。

簡単に言えば,子どもを引き取り,生活を共にし,身の回りの世話をする人のことです。

 

例えば,親権者を父親と定め,監護者を母親と定めた場合,子どもは戸籍上父親の戸籍に残りますが,一方で,実際に引き取って子どもの面倒をみるのは母親ということになります。

このように,親権者と監護者は,それぞれが,部分的に子どもの

soudan0001.png
責任を負うということができます。
 
 

どのような場合に利用されるの?

例えば,子どもがまだ幼い場合や,親権をめぐる父母の対立が激しい場合などに利用されます。
もし,相手方と親権をめぐる対立が発生してしまったのであれば,親権を譲って自分が監護者になる方法もあるのです。あなたが子どもと生活することを望み,あなたと生活した方が子どもも幸せになれると思うなら,親権を譲って監護者になり,子どもとの生活を優先した方がいい場合もあります。
 

監護者のポイント

①監護者には,子どもを養育する権利と義務がある。
②監護者になる場合は,取り決めた内容を文書にして残す。
③両親以外の第三者も監護者になれる。
④親権者に対して養育費の支払いを請求できる。
監護者のポイントは以上の4点ですが,特に②は重要です。
離婚届には,親権者を記載する欄はありますが,監護者を記載する欄はありません。したがって,監護者を定めた場合には,離婚合意書か公正証書を必ず作成しておきましょう。合意内容を書面化することで,離婚後のトラブルを避けることができます。
 

監護者はどうやって決めるの?

監護者は,親権者を選ぶ場合と異なり,離婚と同時に決める必要はありません。離婚が成立した後も監護者を決めることができます。父母が協議で決めることができないときは,家庭裁判所に対し,「子の監護者の指定」の調停または審判の申立てをして,決めてもらうことができます。
なお,監護者は,一般的には,親権者でない親を指定することが多いのですが,特に法律の規定はありませんので,祖父母や親の兄弟姉妹を指定することもできます。
 
 

まずはお気軽にご相談ください!

 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop