親権者と監護者の変更

 

 

親権者と監護者の変更
 
<親権者・監護者の変更とは>
子どもの利益のために必要があると認められるときは,親権者や監護者を他の一方の親に変更することができます。なお,子どもの利益のために必要かどうかについては,子どもの福祉の観点から,養育環境や,現親権者の監護態度,子どもの年齢・心身の状況,子どもの精神状態,子どもの意思などの事情を総合的に考慮して判断することになります。
 
<親権者や監護者を変更する方法>
まず,親権者を変更するには,家庭裁判所に対し,親権者変更の調停・審判を申し立てる必要があります。また,親権者変更の申立ては,両親の他,子どもの親族もすることができますが,子ども自身に申立てを行う権利はありません。
なお,親権者が変更された場合は,戸籍上の変更を伴うので,調停調書か審判調書を市区町村役場に提出して戸籍変更の届出を行う必要があります。
 
次に,監護者の変更は,父母の合意があれば話し合いだけで行うことができますが,後の紛争を防止するためにも,合意の内容は書面に残しておくべきといえます。
他方,現親権者や監護者が変更に同意しない場合には,家庭裁判所に対し,監護者変更の調停・審判を申し立てることになります。監護者変更の申立ては,両親及び監護者がすることができます。
なお, 監護者は,戸籍の記載事項ではないため,監護者が変更された場合でも,市区町村役場に戸籍変更の届出を行う必要はありません。
 
<大切なのは養育状況を見守ること>
 以上のように,現親権者や現監護者の養育環境等に変化があった場合に,子どもの福祉の観点からみて他の一方の親が養育する方が望ましいと判断されれば,親権者や監護者を他の一方の親に変更することができます。
しかし,親権者や監護者の変更は,現親権者や監護者の養育状況の悪化を発見できなければ,なし得ません。
したがって,他の一方の親としては,常に現親権者や現監護者の養育状況を注視し,面会交流の際の子どもとの会話等を手掛かりに養育状況を把握しておくことが,最も重要だといえます。
 

まずはお気軽にご相談ください!

 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop