婚姻費用

 

婚姻費用について
 
<婚姻費用とは>
夫婦が生活していくうえで必要となる全ての費用のことです。
日常の生活費,衣食住の費用,医療費,子どもの養育費,交際費などがこれに含まれます。
  離婚に際して特に重要となるのは,別居後から離婚成立または別居解消までの婚姻費用ですので,「別居中の生活費」と考えるとわかり易いでしょう。
 
<婚姻費用分担請求について>
婚姻費用分担請求とは,離婚成立または別居解消までの婚姻費用の分担を配偶者に求めるものです。
離婚前の別居中,離婚の協議中,調停中,訴訟中であったとしても,夫婦は互いに同程度の生活を続けるために,お互いを扶養する義務があります。
ですので,離婚が成立するまでは,婚姻費用をお互いに分担しなければならず,どちらか一方の収入が少ない場合には,収入が多い側が少ない側の婚姻費用を分担することになります。
  婚姻費用分担請求は,このような婚姻費用の分担を実現するための手続です。
例えば,AB夫婦において,夫婦の生活は主にAの収入で賄われていたにもかかわらず,別居後AがBへの生活費の支給を打ち切ったような場合には,Bは,Aに対して,離婚成立または別居解消までの生活費を支払うよう求めることが出来ます。
 
<請求が認められる婚姻費用の範囲 ― いつからいつまでの婚姻費用が認められるのか>
  実務上,婚姻費用の分担の始期は,請求または申立の時からとされています。
  理論上は,別居時からとも考えられますが,実務上は,請求時よりも前の婚姻費用について遡って請求することは認められていないのが現状です。
例えば,1月1日に別居を始めた夫婦の一方が,3月1日に婚姻費用の請求を行った場合,1月分と2月分の婚姻費用を請求することは出来ず,3月1日以降の婚姻費用のみを請求することになります。
ですから,婚姻費用の請求は出来る限り速やかに行う必要がありますので,当事務所へのご相談をご検討されている場合には,早期にご相談いただくことをお勧めします。
 
<婚姻費用の金額>
婚姻費用の金額は,双方の資産,収入,子どもの有無,人数,年齢等の一切の事情を考慮して算定されますが,具体的な金額については,裁判所が婚姻費用を算定するための早見表(婚姻費用算定表)を公表しています。
調停や裁判の際には,この婚姻費用算定表をもとに具体的な婚姻費用の金額が決められることが多いので,参考にしましょう。
 

まずはお気軽にご相談ください!

contact.jpg
 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop