不貞行為をした夫から解決金800万円を得た事例

HPをご覧いただいた方(妻側)からの依頼です。

 
この依頼者(妻側)は,不貞行為をしている有責的な夫から離婚を求められました(いわゆる,有責配偶者からの離婚請求)。
 
依頼者(妻側)は当初,離婚に積極的ではなかったのですが,当事務所の弁護士が相手方(夫側)から有利な離婚条件を引き出したこともあり,離婚を決意されました
 
 
具体的な離婚条件は,解決金800万円です。
内訳としては,
 
①夫婦共有財産が約1200万円であったため財産分与額としてその半額600万円
②離婚慰謝料が200万円
 
で,合計800万円です。
 
相手方(夫側)は,不貞行為を否定していましたが,実質的に不貞行為を認めたのと同様であり,有利な条件で離婚することができました。
 
 

まずはお気軽にご相談ください!

 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop