戸籍と姓

離婚したら苗字はどうなるの?

 

離婚すると,婚姻によって姓の変わった方は,原則として婚姻前の姓に戻ります
 
ただし,本人が,婚姻中の姓の継続使用を希望し,所定の手続をとった場合には,離婚後も婚姻中の姓を継続して称することができます
 
具体的には,離婚成立後3ヶ月以内に,「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出する必要があります。
murakami0001.png

この届出は,元の配偶者の承認や証人を必要としないため,自分ひとりで行うことができます。

 

しかし,離婚成立後3ヶ月を経過してしまうと当然に婚姻前の姓に戻ってしまうので,改めて婚姻中の姓を使用するためには,家庭裁判所に「氏の変更許可の申立て」を行い,許可を得る必要があります。ただし,許可を得るためには,変更を求める理由が厳しく問われます。
 
離婚成立の時点で,既に,婚姻中の姓を継続して使用することが決まっているのであれば,離婚届に,「離婚の際に称していた氏を称する届」を添えて提出しましょう。そうすれば,提出手続は1回で済みますし,提出し忘れることもありません。
 
ただ,離婚成立の時点で,未だどちらの姓を名乗るのかについて気持ちが固まっていない場合には,離婚届と同時に提出せずに,猶予期間の3ヶ月間,慎重に考えてから判断しても遅くありません。
 
 

離婚したら戸籍はどうなるの?

まず,結婚をした場合,どちらかの姓を筆頭とする戸籍を新しく作り,夫婦双方がその戸籍に入ることになりますので,婚姻中の夫婦の戸籍は1つということになります。
 
そして,夫婦が離婚した場合には,筆頭者でない方は,婚姻の際に作成した戸籍から除籍されるため,婚姻前の親の戸籍に戻るか,あるいは,新しく自分の戸籍を作らなければなりません。なお,戸籍の選択変更は離婚成立後3ヶ月以内に実施しましょう。
 
以上をまとめると,離婚後の戸籍と姓の選択には,以下の3通りの方法があるといえます。
①婚姻前の戸籍と姓に戻る。
②離婚後も婚姻中の姓とし,自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る。
③婚姻前の姓に戻り,自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る。
 
戸籍も姓も,社会生活を送る上で重要な事項ですので,きちんと手続をしましょう。
 
 

まずはお気軽にご相談ください!

 

守口門真総合法律事務所についてはこちら

トップに戻る 事務所紹介 弁護士紹介 弁護士費用 アクセス 相談の流れ

 

pagetop